「なんとなく」転職することは失敗のもと

 転職で一番やってはいけないことは、「なんとなく」転職することです。転職する動機は人それぞれですが、動機が明確になっていない転職は失敗のもとです。転職は人生の大きな転換点になる一大事ですから、決断する前によく考えることが大切です。なぜ転職に動機が必要なのかというと、転職先探しにおいて最も重要な要素になるからです。転職は基本的に職場環境を変えるために実行されます。せっかく新しい職場に移ったのに、以前と同じ悩みを抱えてしまっては転職の意味がありません。現在抱えている悩みや不満を見つめ直し、その不満点を改善できる職場へと転職する必要があります。悩みは人それぞれですから、たとえ他人から見たら取るに足らない小さな悩みであったとしても、本人にとっては重大問題になります。

 職場の気温や他人の騒音といった小さな悩みがきっかけで転職する人も珍しくはありません。職場は一日の間で長い時間を過ごす場所ですから、快適な職場を求めての転職というのは立派な転職理由になります。自分の不満も理解せずになんとなく転職してしまっては、悩みの改善もステップアップも望めません。問題設定ができなければ、解答を出すことは不可能です。内面を見つめ直し、どのような職場を希望するのかを明確にしてから転職活動を始めてください。