転職する為にはビジネス書を何冊も読むこと

 転職するには多くの知識が必要になります。もちろん経験や実績も非常に重要ですが、それを生かせる知識がないと、自分が今まで行って来た業務が何の為に役立っていたのか分からないことになります。そうすると、社会の中で企業に勤めて何の役割を担っているのか分からなくなります。転職する時には、一般常識のような社会問題のようなことまで突っ込んで聞かれることがあります。つまり、会社はただ作業をこなすだけの人が必要なだけではないのです。そこから会社の理念を理解して、会社が社会の中でどういう役割を担っているのかを理解する人材を求めています。

 そうすると、会社で製品を開発したり販売するにも世の中の流行を理解して行うことが出来ます。社会のことを知るには有名人が書いてベストセラーになっているビジネス書を何冊も読むと参考になります。大抵会社の人事や上層部の人はビジネス書を読むのを日課にしています。そうしないと社会のニーズに合致しない製品を作ってしまうと赤字になるからです。社会勉強のつもりでビジネス書を読むことが良い結果になります。趣味をビジネス書を読むことだと答えれば、会社の担当者も興味を示してくれます。社会のことを真面目に考えている人材だから採用したいと考えてくれるのです。